オリーブオイルと特製ペッパーで食べる鯖寿司、程よい燻製の香りがたまりません。

米屋 吾左衛門鮓 燻し鯖鮓
aiko*さん
お取り寄せ生活研究家
料理研究家の母の影響で「食べる」楽しみや大切さを自然に学び、お取り寄せが生活の中に溶け込んだ環境で育ち、20歳過ぎから自分でもお取り寄せ生活を開始。結婚後は横浜で、毎日のようにお取り寄せを楽しむ日々。自分が感じた「美味しい」、お取り寄せ生活の楽しさをひとりでも多くの友人たちに伝えたい、一緒に共有したい、という思いで、ブログ・雑誌・ラジオ・セミナーなどで活動中。

鯖寿司が好きでいろいろ食べるのですが、最近知ってびっくりしたのがこの鯖寿司です。

穀物酢のほか、鯖を漬けたバルサミコ酢をはじめとした4種類の洋風のお酢を使っていて、昆布で巻いたお寿司をオリーブオイルと3種類のペッパーを付けていただくお寿司です。

さらに、燻してあるので口に入れるとフワッとスモークの香りが広がります。

生臭さもなく、また、お寿司のお取り寄せは寿司飯の再現がとても難しく、手元に届くまでの状況も見えないのでなかなかうまくいかないと印象に左右されてしまうものも多いのですが、こちらは、パサパサ感もなく、そしてオリーブオイルをつけると、まろやかな酸味もさらに味がやわらかくなる感じです。

私はほとんど飲めないのでごはんとしていただきますが、ワインや洋のお酒に合うようですよ。

昆布で巻いてあるので崩れにくく、手でつまみやすいので、ちょっとした集まりにも良さそうです。

水産庁長官賞受賞。一切れ一切れを噛みしめて味わえる「金華さば 生ハム燻製」

2018.10.03

見た目も味も地域色豊かないなり寿司!/それって意外!?な食の地域差 vol.2

2018.09.26

味覚・嗅覚・視覚・触覚を刺激するジャパニーズフィンガーフード「柿の葉すし」

2016.09.20
米屋 吾左衛門鮓 燻し鯖鮓

ABOUTこの記事をかいた人

aiko*さん(お取り寄せ生活研究家)

料理研究家の母の影響で「食べる」楽しみや大切さを自然に学び、お取り寄せが生活の中に溶け込んだ環境で育ち、20歳過ぎから自分でもお取り寄せ生活を開始。結婚後は横浜で、毎日のようにお取り寄せを楽しむ日々。自分が感じた「美味しい」、お取り寄せ生活の楽しさをひとりでも多くの友人たちに伝えたい、一緒に共有したい、という思いで、ブログ・雑誌・ラジオ・セミナーなどで活動中。