高額な価格も納得。茶道家をうならせた最高級抹茶プリン

抹茶プリン『おこい』

「まるでお抹茶を食べているみたい」と評判の「抹茶プリン『おこい』」です。お茶の品評会で数々の賞を受賞した老舗茶園「寺川大福園」の最高級抹茶を使用。水は、名水百選に選ばれた「離宮の水」を使うこだわりです。

ビンに入ったプリンは、抹茶の香りをしっかりと閉じ込めています。フタを開けると、抹茶の香りが漂い、食べる前からうっとり。柔らかすぎず、なおかつ固すぎない絶妙なプリンは、お抹茶を飲んでいるような濃厚さが再現されています。プリンの甘さを控えることで、抹茶のふくよかな香りと甘味が最大限引き出され、苦味とのバランスは絶妙です。抹茶パウダーを掛けると、さらに抹茶の味わいを楽しむことができますよ。

一般的なプリンと比べると高価格で驚きますが、その価格も納得できる最高級の抹茶プリンです。プレゼントのほか、自分へのご褒美として、食べるお抹茶を選んでみませんか。

プリンというより、まさに「食べるお抹茶」。抹茶を圧縮して固めたようなスイーツです。口に入れた瞬間、驚くくらいにお茶の味がしっかり味わえます。今まで飲んだことがあるお抹茶や食べたことのある抹茶スイーツとは格段に違いました!!抹茶の香りが上品で、やさしい甘みと程よい苦みが感じられます。究極の抹茶であることがはっきりとわかりますし、こんなに美味しい抹茶を口にすることができるなんて幸せです。(アリエルさん)

明らかに後味が今までの抹茶とは格段に違いました…!上品に広がる抹茶の香りの奥に何とも言えない自然な甘さに包まれます。そして!!!食感が「プリン」と呼んでいいのか迷うぐらいの美しい舌ざわり。まろやかだけど、気品ある濃厚さ。さっぱりなんだけど、存在感あり。ふんわりなんだけど、重厚で。とにかく初めてな感覚でどう言葉にしたらいいか…。ただただ一口一口が最後まで幸せです。(えんせさん)

贅沢な気持ちになれる、お取り寄せしても食べたい「はんなり京都の宇治抹茶プリン」

2018.12.10

ミシュラン1つ星の和食の名店で、デザートに出される極上プリン

2018.06.18

「ZIP!」で取り上げられた、粉雪が舞い降りた搾りたて生乳の「雪ふりプリン」

2018.06.09
抹茶プリン『おこい』

ABOUTこの記事をかいた人

はせがわじゅん

子どものころから食への探求心が強く、管理栄養士の道へ。食にまつわる歴史や、豆知識を調べることが趣味です。モチモチした食感の食べ物が好き。現在は子育てをしながら、食に関わるライターをしています。愛知県在住。