ザクザクほろほろ。ショートブレッドのかわいさと美味しさにキュン♪

カゴノオトはじめてBOX

江島民子さん
(日本OLS大賞審査員)
2006年日本オンラインショッピング大賞審査員。横浜に住む2人の女の子のママで、「芸能人愛用」「限定」「入手困難」などの言葉に弱く、気がつくとお取り寄せに月額5万円以上を費やしている(!)ヘビーショッパー。

「カゴノオト」。

東京のホテルでコックさんをしていた「前 成照さん」と、東京でソーシャルワーカーとして働きながら、週に一度場所を借りて自分のカフェを展開していた「小清水 緑さん」が、 四万十川の近くではじめた手作りの焼き菓子屋さんです。

「カゴのようにいろんな使い方のできる、いろんなオトのする場になったらいいな」ということで、「カゴノオト」という名前にされたのだそうです。

私がこのお店に出会ったのは、「ふるさと納税」がきっかけでした。

そのときは旅行に出かける予定があったので、賞味期限の短いものは注文できなくて見送ったのですが、Webサイトのほっこりした写真を見て「ここの焼き菓子は絶対美味しいハズ!」と気になっていたので、後日注文してみることにしました。

注文したのは、「カゴノオトはじめてBOX」。

・ショートブレッド
・四万十柚子スコーン
・四万十むらさき芋ビスケット
・四万十お茶ビスケット

の詰め合わせです。

中でも、私の一番の狙いは「ショートブレッド」。

「ショートブレッド」が大好きなのですが、なかなか「アタリ」に巡り合えなくて……。「でも、カゴノオトさんのショートブレッドなら、きっと美味しいハズ」と思っていただいてみたら、やっぱり!

ショートブレッドの2大ポイント(だと私が勝手に思っている)、

・ザクザクほろほろとした食感
・絶妙な塩加減

に、「おー!コレコレ」と思わず、声を上げそうになりました。

このショートブレッド、正式名称は「土佐の山塩小僧ショートブレッド」というのですが、「土佐の山塩小僧」とは一体何???と思ったら、使っているお塩のことなのだそうです。

「土佐の山塩小僧」は、カゴノオトのお店から車で20分くらい走った山あいで作られている「天日塩」。太陽の光を使って、海水をゆっくりゆっくり乾かして作るのだそうです。だから、塩辛さだけではなく、ほんのりとした甘みもあるんですね~。

このお塩と、小麦粉(九州産)、菜種油(圧搾法一番搾り)、粗糖(九州産)だけで作った生地が出会って、こんなにやさしくて懐かしい味のショートブレッドになったんですねっ♪

「ショートブレッド」が大好きなので、思わず「ショートブレッド」について長々と語ってしまいましたが、スコーンもクッキーも、「うんうん、おうちで焼いた焼き菓子ってこんな感じだよね」っていう、本当にシンプルで心がこもった、やさし~いお味でした。

ある程度まとまった数を注文すると、なんとビスケットにオリジナルの文字入れもしてくれるそうです。この文字入りのビスケットがまた!超~~~かわいいんですよ♪ ホワイトデーのプレゼントや、結婚式のプチギフトにもぴったりだと思います。

まずは、「カゴノオトはじめてBOX」をお取り寄せしてみてくださいね♪ ファンになること、間違いなしです!

コック姿のパンダがかわいらしい! 見た目も味も楽しめるクッキーセット

2019.09.04

ギフトで贈りたい! こだわりの美味しいクッキーおすすめ10選♪

2019.06.30

素朴な味わいと、かわいらしいパッケージが人気のサブレセット/広報女子がおすすめ♪喜ばれる手土産 vol.16

2019.06.13
カゴノオトはじめてBOX