南信州の高級干し柿をまるごと一粒使った、贅沢な白あん菓子/あんこ菓子のプロが推薦!vol.20

長寿柿 アップ
日本あんこ協会
あんこの愛好家だけで構成される協会組織として2018年10月に発足し、わずか1ヶ月で全国60名以上のあんこ好きが集結。現在、飛ぶ鳥を落とす勢いで協会員「通称:あんバサダー」の数を伸ばし続けている。東京三大どら焼きや豆大福など、有名あんこ菓子の食べ比べイベント「あんこ部」の主催をはじめ、日本最大級のあんこ菓子の祭典、阪急うめだ本店の「時をかけるあん」にて、あんこ菓子のワークショップを行うなど、あんこの普及活動に尽力する。

秋真っ盛りの11月は、美味しい食べ物がたくさんありますね。あんこを使ったお菓子でも芋、栗、かぼちゃは定番ですが、今回は干し柿を使ったあんこ菓子「長寿柿」をご紹介します。栃木県宇都宮市の創業130年の老舗「高林堂」の高級菓子として人気のロングセラー商品です。

市田柿の味わいと食感を最大限に引き出す自家製白あん

長寿柿は、南信州の高級干し柿として名高い市田柿の種をくりぬき、自家製の白あんをたっぷりと詰め、仕上げに羊羹を薄くまとわせた和菓子です。

長寿柿 パッケージ背景

長寿柿のポイントは、なんと言っても市田柿ならではの美しいフォルムと味わいにあります。見た目はシンプルですが、ぽってりとしたふくよかな曲線美。あめ色の美しい果肉は、肉厚で外はもっちり、中はジュレのような口どけです。とても滑らかで、主張しすぎない品のある甘さが特徴です。

この市田柿の風味を最大限に活かすため、中に詰められたあんこには、高林堂が130年以上に渡り、代々受け継いできた自家製白あんが使われています。

原材料である北海道産手亡豆を白ザラ糖を使ってじっくりと煉られていて、豆の風味がほどよく残った、砂糖の雑味を感じないスッキリとした後味の良い甘さになっています。この白あんを使うことで、市田柿の豊かな味わいとフルーティーさがさらに個性的に引き立られて、より洗練された高級な味わいへと仕上げられています。

極薄の羊羹をコーディングし、滑らかさと美しさを演出

長寿柿の表面には、羊羹が薄くまとわせてあります。干し柿の舌触りは、どうしてもザラつくところがあり、それを滑らかにするために考案されたのが、羊羹のコーティングです。非常に薄く、一見すると分からないほどの繊細さでこしあんの羊羹が塗られているのですが、厳選された北海道十勝産小豆を使うなど、原材料にもこだわっています。

そしてその上から餅米を蒸して砕き削った氷餅とオブラート粉末をまぶすことで、表面のべたつきを押さえ、美しく華やかな和菓子として仕上げています。

長寿柿 パッケージ

秋の味覚として絶対に外したくない干し柿。中でも日本最高峰の干し柿ブランド「市田柿」と風味豊かな北海道産手亡豆の白あんを贅沢に使った長寿柿なら、自分へのご褒美としてはもちろん、ご年配や目上の方へのギフトとしてもきっと喜ばれること間違いなしです。

御福わけのように誰かに贈りたくなる、個性派あんこの手詰め最中セット/あんこ菓子のプロが推薦!vol.19

2019.10.02

自家製餡と栗の甘露煮の相性と味わいにうっとりする栗羊羹/あんこ菓子のプロが推薦!vol.18

2019.09.04

日本初! 老舗専門店が作る夏限定の「水きんつば」/あんこ菓子のプロが推薦!vol.17

2019.08.07
長寿柿 アップ

ABOUTこの記事をかいた人

日本あんこ協会

あんこの愛好家だけで構成される協会組織として2018年10月に発足し、わずか1ヶ月で全国60名以上のあんこ好きが集結。現在、飛ぶ鳥を落とす勢いで協会員「通称:あんバサダー」の数を伸ばし続けている。東京三大どら焼きや豆大福など、有名あんこ菓子の食べ比べイベント「あんこ部」の主催をはじめ、日本最大級のあんこ菓子の祭典、阪急うめだ本店の「時をかけるあん」にて、あんこ菓子のワークショップを行うなど、あんこの普及活動に尽力する。 http://anko.love/