大切な人たちと一緒に食べたい、華やかな3色デニッシュ(GRAND MARBLE 「京都三色」)/おすすめお取り寄せパンvol.12

京都三色
臼井美紗子さん
声優・女優。節約生活の舞台女優時代に「お金をかけずに豊かに暮らす」ことを追及し、シンプルライフに辿り着く。モノを厳選し、心地よいものだけに囲まれて暮らしたい。口にいれるものも体によいものがいい――。そうやってどこにお金を使うか、より厳選するようになったが、パンだけは捨てられなかった、というぐらいのパン好き。

日本全国のおいしいお取り寄せパンの中から、いまおすすめのパンをご紹介するこの連載。第12回目は京都市のGRAND MARBLE(グランマーブル)から「京都三色」をお取り寄せしました。

多くの世代が楽しめるマーブルデニッシュ

年の瀬が近づき、家族や大切な人と過ごす機会が増えてくることと思います。お家で集まる際、ちょっと特別感があり、みんなで楽しめるパンはないかと考えたとき、こちらのGRAND MARBLEが思い浮かびました。

結婚式の引き出物やお歳暮にもよく利用されている有名なお店ですね。その中でも今回は、華やかで幅広い世代で楽しめる味わいのものがいいと思いました。選んだのは「京都三色」という、祇園辻󠄀利のお抹茶と苺、プレーンの三色のフレーバーが使われているマーブルデニッシュです。

梱包からも伝わる、丁寧で洗練された一品

自宅に商品が届き感激したのは、このダンボール箱。

パッケージ

真っ白でとても洗練されている印象を持ちました。贈り物としても、自信をもってお渡しできるパッケージですね。

そして中を開けると、お馴染のオレンジ色のボックスに入った商品とGRAND MARBLE PRESSという、まるで英字新聞のようなおしゃれなチラシが同封されていました。

リトルプレス

この高級で洗練された印象のGRAND MARBLE PRESSが、さらに特別感を演出してくれます。

職人の手づくりの技による、幾重にも重なる層が美味しさを生む

早速カットし、まずはそのまま頂きます。デニッシュはある程度厚みがあるものが好きなので、2cm程度に切ってみました。

一つ一つ職人さんの手づくりのため、カットする場所によって断面の模様が違うのが面白いですね。

京都三色 カット

そのまま食べると、抹茶、苺の味は風味程度で、織りこんである苺ジャムの味が引き立っているように感じました。この苺ジャム、甘すぎずちょうど良い酸味でとっても美味しいです。抹茶が苦手なお子さんがいるご家庭でも、美味しく味わえると思いました。

そして今度はトーストしたものを頂きます。デニッシュはやはり焼き立てのサクサクが一番と考えるので、とても楽しみに温め終わるのを待ちます。

京都三色 トースト

焼きあがるとデニッシュのいい香りが食欲をそそります。手に持つと、耳がほろほろと崩れるくらいの層の薄さです。

食感は外はサクサク、中はしっとりしつつもフワフワ感があり、口当たりがとても良いです。GRAND MARBLEはデニッシュの層が81層もあるそうで、これがこの口当たりを生み出しているのですね。

そして味ですが、トーストすると抹茶、苺、プレーンの味が一気に膨らみます。中でも私はお抹茶の部分が大変気に入りました。噛めば噛むほど抹茶の味と、香りまでもが口の中に広がる感じです。プレーンはデニッシュ本来の味を味わえますし、苺は甘酸っぱいさわやかさがあります。三色どこを食べても美味しいです。

決して重たくはない味わいで、もたれたりすることはなく、ついついもう一枚手を伸ばしてしまいます。

晴れやかな「京都三色」で、楽しい会話と味わいを

デニッシュというと味わいが強く、食べる人を選んでしまうのではないかと考える方もいるかもしれませんが、GRAND MARBLEのデニッシュは老若男女どの世代でも美味しく、そして楽しめる一品です。

年末年始、家族や親戚・恋人など、大切な人と過ごす特別な機会が増えることと思います。三色の味が混じり合う様に人と人とが通じ合えるよう、この「京都三色」で、楽しい会話と味わいを共有してみてはいかがでしょうか?

夏に食べたい、塩味がきいたうずまき状のあんぱん。兵庫県そらまめ農場の「天然酵母の全粒粉あんぱん」/おすすめお取り寄せパンvol.11

2019.08.27

フライパンリベイクで楽しむ北海道のパン。ソーケシュ製パン×トモエコーヒー「イチジク・オレンジピール」/おすすめお取り寄せパン vol.10

2019.07.23

クロワッサンのイメージが覆る。長野県KitchenStove(キッチンストーブ)の「峠のクロワッサン」/おすすめお取り寄せパン vol.9

2019.06.19
京都三色

ABOUTこの記事をかいた人

臼井美紗子

声優・女優。節約生活の舞台女優時代に「お金をかけずに豊かに暮らす」ことを追及し、シンプルライフに辿り着く。モノを厳選し、心地よいものだけに囲まれて暮らしたい。口にいれるものも体によいものがいい――。そうやってどこにお金を使うか、より厳選するようになったが、パンだけは捨てられなかった、というぐらいのパン好き。