韓国でのヒット商品が日本にも登場! 彩りに心躍るレインボーロールケーキ/スイーツ芸人おすすめのサプライズスイーツ vol.38

レインボーロールケーキ 新杵堂
スイーツなかのさん
(スイーツ芸人)
早稲田大学卒業後、吉本興業に所属。唯一無二のスイーツ芸人として活動をはじめる。10年間吉本で活動後、特注のパンケーキハットをトレードマークに幅広く活躍中。老舗からコンビニまで和洋菓子を一万種類以上食べ歩き、テレビ番組に多数出演。行政と取り組み監修商品を発売するなど、幅広いシーンで活動中。

よろスィーツ! スイーツ芸人のスイーツなかのです。

手土産やプレゼントでスイーツを贈るとき、「なにこれ!」とか「こんなのあったの!?」と驚きとともに喜ばれると、ちょっと嬉しかったりしますよね。「サプライズスイーツ」をご紹介するこの連載。第38回目は、カラフルなロールケーキをご紹介します。

栗きんとんだけじゃない

昭和23年、岐阜県中津川市で創業した「新杵堂」。中津川といえば、栗きんとんが伝統菓子として有名ですが、新杵堂でも創業当初から手がけており、世代を超え、長く愛されています。

栗と砂糖のみで作られる、素材を活かしたほっくりとした美味しさは、ぼくも昔から大好きな味。

栗きんとんが有名なこともあり、「和」のイメージが強い新杵堂ですが、枠にとらわれず、和洋どちらも美味しいお菓子をたくさん作っています。

洋菓子の中でも、特にロールケーキには力を入れていて、種類の多さは圧倒的です。オリジナリティ溢れる唯一無二のラインナップで、お取り寄せでも人気がとっても高い。

今回は、見た目のインパクトが強い、「幸せの7色レインボーロール」をご紹介します。

レインボーロールケーキ 新杵堂 正面

その彩りにワクワクが止まらないロールケーキ

新杵堂は韓国にも進出しており、「幸せの7色レインボーロール」は、もともと韓国の店舗限定で販売していたもの。現地での人気が高く、今回、日本でも発売することになりました。

冷凍状態で届きますが、包装のケースもカラフルなデザインで、手に取った時から気持ちが高まるような演出!こういう配慮、嬉しいですよね。

レインボーロールケーキ 新杵堂 箱

蓋を開けると、丁寧にビニールで梱包!

レインボーロールケーキ 新杵堂 梱包

袋から取り出すと、レインボーロールケーキの存在感がすごい!見てるだけで楽しくなるって、いいですよね。

レインボーロールケーキ 新杵堂 取り出したところ

お子さまといっしょに食べるときは、もうこの時点で、心はしっかり掴まれていることでしょう(笑)。

横から見ても、虹色。

レインボーロールケーキ 新杵堂 側面

上から見ても、虹色。

レインボーロールケーキ 新杵堂 上面

一つ一つの色のライン幅が均等、巻き方の美しさにも、技術力の高さを感じます。大人のぼくでも、じっくりと眺めてしまうような、ワクワクするシルエット!

植物由来のやさしいつくり

解凍時間は、冷蔵庫で8〜10時間ほどすると、ちょうど食べごろ! 解凍してからカットしても、このように綺麗な断面が楽しめます。

レインボーロールケーキ 新杵堂 断面

生地は合成着色料は使わず、植物から抽出した植物色素のみで仕上げ、素材にもこだわっているのが大きな特徴!

カラフル系のお菓子はビビットな色が多いですが、「幸せの7色レインボーロール」は、パステルカラーのような淡さがあり、天然着色料ならではのやさしさを感じます。

レインボーロールケーキ 新杵堂 優しい色合い

ふっくらとした生地に、なめらかな口どけのクリームは相性がとってもいい。程よい爽やかさもあって、しつこくない甘さは、さすがの美味しさです。

クリームの中に、オレンジのピールも入って、心地よいアクセント!

レインボーロールケーキ 新杵堂 カットしたところ

このクリームは、植物性クリームを使用していて、体にやさしいつくりなのも嬉しいところ。

レインボーロールケーキ 新杵堂 クリーム

これから夏休みにはいって、子どもと過ごすおうち時間が増える方も多いと思うので、ぜひご家族で楽しんでもらいたいロールケーキです! お子さま、必ず喜びますよ!

ナイスィーツ!

スパイスの魅力を再発見! 専門店がつくるスパイスマフィン/スイーツ芸人おすすめのサプライズスイーツ vol.37

2021.06.11

関西で人気の老舗和菓子屋さんがつくる、米粉を使った和風バターサンド!/スイーツ芸人おすすめのサプライズスイーツ vol.36

2021.05.25

京都の燻製スイーツ専門店がつくる大人気チョコ&ピーナッツサンド!/スイーツ芸人おすすめのサプライズスイーツ vol.35

2021.04.12
レインボーロールケーキ 新杵堂

ABOUTこの記事をかいた人

東京都立川市生まれ。早稲田大学卒業後、吉本興業に所属。子どもの頃から好きだったお菓子を独学で勉強し、唯一無二のスイーツ芸人として活動をはじめる。10年間吉本で活動後、特注のパンケーキハットをトレードマークに幅広く活躍中。老舗からコンビニまで多ジャンルの和洋菓子を一万種類以上食べ歩き、その確かな知識と情報で「林先生の初耳学」「メレンゲの気持ち」「スクール革命」など多数テレビ番組に出演。 西武渋谷店では自ら企画した催事「奥渋ギフト」を開催、行政と取り組んだ監修商品を発売するなど、幅広いシーンで活動している。