コーヒーを食べる!? 老舗和菓子屋が作る超オシャレもなか!!

TABERU COFFEE 珈琲最中 ギフトパッケージ
スイーツなかのさん
お取り寄せの達人
特注オーダーしたBigなパンケーキ帽がトレードマークの唯一無二のスイーツ芸人。年間500軒以上を食べ歩き、今までに巡ったスイーツショップは2000店以上にものぼる。有名シェフとも交流があり、芸人でいちばんのスイーツマニア。テレビ、ラジオ、雑誌など多数のメディア出演、商品監修も行う。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。日本スイーツ協会認定スイーツコンシェルジュ会員。

よろスィーツ! スイーツ芸人のスイーツなかのです。

みなさん、和菓子食べてますかー? えー和菓子っておじいちゃんが食べるやつでしょ~、なんか抵抗あるんだよね~、てかあんことか苦手~、なんて言う人いるのかもしれませんね。

けど最近は和菓子ってとってもカジュアルになってきて、若いひとが食べやすいものすごく増えてるんですよっ。今回ご紹介する「TABERU COFFEE」も、まさにそんな和菓子。ふだん和菓子食べない人こそ、食べてほしい!

訳すと「食べるコーヒー」。そう、コーヒーを飲むのではなく、食べる。むむ?なぞなぞ? いいえ。「もなか」と「コーヒー」を掛け合わせた、今までにない新しい和菓子なのです。

コレ和菓子なの?と感じる、モダンでおしゃれなパッケージ。手土産に使ったら、相手からセンスいい人に認定されること間違いなし! 箱を開けると、瓶に入ったあんこともなか生地たち。あんこがジャムっぽいし、もなか生地もクッキーみたいだし、ますます和菓子なのか問題が浮上(笑)。

さて! 突然ではありますが、ここからは2つの「豆」に注目!

まず、ひとつめの豆は『白小豆(しろしょうず)』。

ジャムにも見えたあんこは、「白小豆」と呼ばれる黄白色の小豆を使ったもの。ふつう白餡ってインゲン豆使うものが多いから、あまり聞きなれない言葉かもしれませんね。小豆生産地として有名な北海道・十勝地区でも限られた量しか栽培できないという、とっても貴重な小豆なんですよー!

しかも! このあんこにはマスカルポーネが入っているんです。白小豆の上品なほっくりした甘さと、マスカルポーネのまろやかなコクが見事にマッチ!うますぎて、これだけでもずっと食べてられちゃう(笑)。店主の「白小豆の美味しさ」を最大限に伝えたい気持ちから、この特製餡が誕生しました。

そして、ふたつめの豆は『珈琲豆』。

餡を包む、もなか生地は国内産のもち米と珈琲豆を練り込んで作られています。スペシャルティ珈琲専門店「OBSCURA COFFEE ROASTERS」がセレクトしたブラジル産の珈琲豆を使っているという、本格的なこだわり。広島「The Trunk Market」(https://www.facebook.com/T.T.Market/)の出店時に店舗が隣同士になり、意気投合したのがきっかけだそう。コーヒーのペーパーフィルターをデザインした、もなか生地もかわいいですよね!

サクッとした香ばしい食感の中に、ふわっとコーヒーの薫り高さが感じられる贅沢感がステキ。あんこと合わせると和菓子だけど洋菓子のような感覚にも変化する、おもしろいくちあたり。とにかく、すごく食べやすい甘さです!和と洋のふたつの豆が織り成すマリアージュをぜひ堪能してほしい!

で、ここからは、ちょっとおまけ。

もなか生地が無くなり、あんこが余ってしまっても、まだまだ楽しめるのが「TABERU COFFEE」の魅力。

あんこをトーストに塗ったり、アイスにつけてみたり、とそれこそジャムのようにトッピングしてアレンジレシピが楽しめるのです!個人的にはヨーグルトに入れて食べるのがすごくマイルドな甘さで美味しかった!買った人は自分だけのあんこアレンジ試してみてくださいねー。

最近は和菓子屋さんとの出会いが増えてきて、和菓子の魅力や和菓子の未来など、色々とお話伺うことが増えました。その中で感じるのは、老舗ほど新しいことにチャレンジしているお店がすごく多いこと。

こちらの「いせや本店」さんも、静岡県沼津で90年以上続く老舗の和菓子屋さん。老舗のもつ確かな技術に、新しい感性があわさると和菓子の可能性もひろがるし、和菓子の魅力が幅広い年代で伝わる。「TABERU COFFEE」には、そんな“きっかけ”がたくさん詰まってるんです。

可愛すぎる最中!五色のうさぎに五色の餡。和菓子好きも大絶賛

2018.11.27

地元に愛される川崎大師ゆかりの銘菓「大師祈願もなか」/あんこ菓子のプロが推薦! vol.6

2018.09.03

レトロかわいい♪手土産にもオススメの奈良名物「鹿もなか」

2018.04.23
TABERU COFFEE 珈琲最中 ギフトパッケージ

ABOUTこの記事をかいた人

スイーツなかの(お取り寄せの達人)

特注オーダーしたBigなパンケーキ帽がトレードマークの唯一無二のスイーツ芸人。年間500軒以上を食べ歩き、今までに巡ったスイーツショップは2000店以上にものぼる。有名シェフとも交流があり、芸人でいちばんのスイーツマニア。テレビ、ラジオ、雑誌など多数のメディア出演、商品監修も行う。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。日本スイーツ協会認定スイーツコンシェルジュ会員。