天然のピンク色! 話題の「ルビーチョコレート」を味わって!

カレボー® ルビーチョコレート RB1
市川歩美さん
(ショコラコーディネーター・チョコレートジャーナリスト)
大学卒業後民間放送局に入社、ディレクターとして数多くの番組を企画・制作。ショコラ愛好家歴は20年以上で、現在は雑誌、ラジオ、TV、情報サイトなどメディア向けのショコラコーディネーターとして活躍。オールアバウトのチョコレートガイドもつとめる。Chocolat Lover’s Net* は2003年から続く日本で最も長く続いている人気ショコラ情報専門ブログ。

天然のピンク色のチョコレートが登場して話題になっています。その名も「ルビーチョコレート」。

このチョコレート、ピンクに色付けしてあるわけではないんですよ??

ある特定の種類のカカオ豆だけを使い、バリーカレボー社(世界最大のチョコレートメーカーです)が、着色料を使わず、ピンク色のチョコレートを作ることに成功、同社のベルギーチョコのブランドであるカレボー®から世界中で販売開始となったものです。

この「ルビーチョコレート」は「RB1」という商品名で、主に、パティシエやショコラティエ向け、つまり業務用に販売されていますが、1.5キログラムという手頃なサイズで、実は一般の方も購入することができるので、ここでご紹介したいと思います。

もういろいろなところでニュースにもなっていますから、ピンク色のチョコレート、一体どんな味がするのか、一度は味わってみたい、という方にもオススメです。

ご自宅でなら、パッケージを瓶などに変えて少しずつおやつにしても。特別な演出にしたいときは、小さな粒状のチョコレートをスプーンで少しとって、オシャレなグラスなどにのせてみるのも素敵かもしれません。

お菓子作りがお好きな方は、サイト上に「ルビーシャンパントリュフ」や「ルビータブレット」などのレシピが掲載されているので、すぐに試せます。むずかしく考えなくても、溶かしてお好きな型に入れ、ナッツやフルーツをトッピングするだけでもピンクが華やかで、可愛いチョコレートになります。

お味は甘酸っぱーい感じで、ちょっと不思議。ベリーを加えているわけでもないのに、甘酸っぱいベリーのようなフレッシュな酸味があります。

製造方法は公表されていませんが、原材料となるカカオ豆を選ぶ段階、発酵などの製造工程のあらゆるポイントで、このカラーと風味を実現するために13年をかけて開発されたプロセスがあるそう。

話題のチョコレートを楽しんでください!

やさしい気持ちを伝える、花びらのように可憐なチョコレートギフト

2019.03.24

バレンタインに!話題のルビーチョコを使ったクッキーサンド/スイーツのプロおすすめ焼菓子 vol.2

2019.01.16

大切な女友達の誕生日に♪フルーツ感あふれるビーントゥバーチョコレート/お祝いに贈りたいお取り寄せ vol.1

2018.03.21
カレボー® ルビーチョコレート RB1

ABOUTこの記事をかいた人

市川歩美(ショコラコーディネーター・チョコレートジャーナリスト)

大学卒業後民間放送局に入社、ディレクターとして数多くの番組を企画・制作。ショコラ愛好家歴は20年以上で、現在は雑誌、ラジオ、TV、情報サイトなどメディア向けのショコラコーディネーターとして活躍。オールアバウトのチョコレートガイドもつとめる。Chocolat Lover's Net* は2003年から続く日本で最も長く続いている人気ショコラ情報専門ブログ。