引っ越し祝いに贈りたい♪ 疲れも癒すバターフィナンシェ/お祝いに贈りたいお取り寄せ vol.14

バターフィナンシェ アップ
aiko*さん
お取り寄せ生活研究家
料理研究家の母の影響で「食べる」楽しみや大切さを自然に学び、お取り寄せが生活の中に溶け込んだ環境で育ち、20歳過ぎから自分でもお取り寄せ生活を開始。結婚後は横浜で、毎日のようにお取り寄せを楽しむ日々。自分が感じた「美味しい」、お取り寄せ生活の楽しさをひとりでも多くの友人たちに伝えたい、一緒に共有したい、という思いで、ブログ・雑誌・ラジオ・セミナーなどで活動中。

引っ越しといえば、転勤、入学卒業シーズンと春のイメージが強いかもしれませんが、春から夏までの間は引っ越し屋さんもオフシーズンで費用が安くなり、6月のジューンブライドで結婚される方が引っ越したりと、意外と空き物件に動きがみられるシーズンなのだそうです。

そんな、新しい土地、新居で始まる新しい生活にわくわくしている友達や普段お付き合いのある方へのギフトは悩みますよね。「引っ越し先でも、楽しくハッピーな毎日を過ごしてね」という気持ちを伝えたい、新生活のスタートに何かお祝いを贈りたいと思っていても、食器や雑貨は趣味嗜好があるし、と悩みがちです。そこで今回は、引っ越し祝いにぴったりの美味しいスイーツをご紹介します。

濃厚なバターがたまらない、バターが主役のフィナンシェ

「バターバトラー」は、JR新宿駅にお店を構え、東京駅のエキナカなどそのほか期間限定の出店でも行列ができるバターが主役のお菓子ブランドです。

私自身も、長い行列に並んで購入しました。エキナカで買うお菓子というとお手軽なお土産のイメージが強いように感じますが、よい意味で「裏切られた!」と感じる本格的な味わいは、フィナンシェ好きな私も家族にとっても、お気に入りのお菓子になりました。

「バターフィナンシェ」はスイスの発酵バターとフランスの塩が甘じょっぱく、カリッとした表面で、中身はしっとり。濃厚なバターの香りが広がり、ひとつでも十分満足できる濃厚さなのにもうひとつと手が伸びてしまいます。本来は食感や味の名わき役であるバターを前面に出して主役にしたという味わいに納得です。3口ほどで食べきれるサイズで、片手で食べられます。

バターフィナンシェ カット

「バターフィナンシェ」は、片づけ途中のお家の中でも目立つ緑と黄色の配色で、とても印象的なパッケージ。ひとつひとつ個別包装されていて、4個入り、8個入り、12個入り、16個入りと用意されているので、ひとり暮らしを始める友達には8個入り、家族みんなで、来客が多そうな方には16個入りと選べるのもうれしいポイントです。

バターフィナンシェ パッケージ

賞味期限も1か月ほどあるので、好きなタイミングで食べてもらえます。

忙しい合間にバトラーおすすめのバタースイーツを味わって

「バターバトラー」は、世界中のバターを集めて作ったスイーツを「ご主人様。こちらバターが主役のお菓子でございます」とバトラー(執事)が差し出す……という面白いコンセプトで、公式オンラインショップだけでなくフェイスブックやインスタグラムまでもその世界観がちりばめられています。

引っ越しは引っ越す前も大変ですが、引っ越し後も慣れない環境の中で荷ほどき、各種届け出、買い出しと楽しくも忙しい日々がしばらく続きます。そんな時、このバターバトラーが「ご主人様。そろそろ休憩にいたしませんか?」と、ひと息入れるきかっけをくれることでしょう。

新社会人になる子供に贈りたい♪ トリュフが香る大人味のパウンドケーキ/お祝いに贈りたいお取り寄せ vol.13

2019.03.21

ホワイトデーに本命に贈りたい! 可愛いきのこに入ったチョコレート/お祝いに贈りたいお取り寄せ vol.12

2019.02.21

バレンタイン本命に贈りたい♪ 京都の専門店が作るオトナのチョコスイーツ/お祝いに贈りたいお取り寄せ vol.11

2019.01.23
バターフィナンシェ アップ

ABOUTこの記事をかいた人

aiko*さん(お取り寄せ生活研究家)

料理研究家の母の影響で「食べる」楽しみや大切さを自然に学び、お取り寄せが生活の中に溶け込んだ環境で育ち、20歳過ぎから自分でもお取り寄せ生活を開始。結婚後は横浜で、毎日のようにお取り寄せを楽しむ日々。自分が感じた「美味しい」、お取り寄せ生活の楽しさをひとりでも多くの友人たちに伝えたい、一緒に共有したい、という思いで、ブログ・雑誌・ラジオ・セミナーなどで活動中。