ふわっふわの極上食感! オーガニック玄米麺を使った卵かけパスタ/かな姐さんのお取り寄せのレシピ vol.24

ふわふわ極上卵かけ玄米パスタ
料理ブロガー
かな姐さん
2005年にスタートした子どもの育児日記と日々の晩ごはんを綴ったブログ「母ちゃんちの晩御飯とどたばた日記」はアクセス数1日12万件を誇り、人気ブロガーランキングでは殿堂入りするほどの人気ぶり。2007年には初のレシピ集を出版し、その後も書籍、雑誌、TV、食品メーカーのレシピ考案など活躍の場を広げている。

わたしが小学生のころ、一時期母が自然食品にハマっていた時期があって、食べるものすべてがオーガニックだった時がありました(今はすべてがそうではなく適材適所になったけど)。

市販のお菓子などは一年に一度、遠足の時だけだったので、ポテトチップスなどのスナック菓子は食べた経験もなく、そのころの主食は玄米で、朝は玄米パンを食べていたので、白いご飯、白いパンにそれはそれは憧れたものです(ハイジなの?いつの時代?昭和初期?! いいえ、昭和50年代~60年代)。

あの頃、毎日玄米をいやいや食べさせられていたのがトラウマになって、大人になるまで玄米は美味しくないもの、みたいなイメージが付いていました。

しかし40代になって、あるとき仕事で玄米を頂く機会があり、何十年かぶりに食べたその玄米がめっちゃくちゃ美味しくて!

プチプチとした歯ごたえ、米の香ばしい香り、しっかり噛めば噛むほど甘みが広がり、まさにご飯がご馳走!主役!と言っても過言ではないほど。

家では普段、なかなか玄米は炊けないけれど、いつかまた玄米食にしたいなぁと密かに思っています。幼き頃あんなに嫌いだった玄米なのに!!

というわけで、今回送って頂いたのは、そんなわたしが大好きな玄米を使った麺なのです。

玄米麺10個パック 箱入り

こちらの麺は、自然豊かな島根県雲南市阿用地区の山間で、山から注ぎ込むミネラルたっぷりの水で育てられた農薬・化学肥料不使用の玄米のみを選んで作った、まさにオーガニックの「玄米麺」だそうで、それを家庭でも簡単に調理しやすいよう、1食ずつ真空パックになっていて、これを熱湯で3分茹でるだけ。普通の乾麺のパスタをゆでるより早い!

玄米麺10個パック

これは本当に麺が美味しいです! しっかりとした歯ごたえにほのかに玄米の香りと味がするので、麺自体を主役にじっくりと味わいたい!

ということで、調理はやはりシンプルが一番。

卵かけ玄米ご飯とか、窯玉うどんのイメージで、卵白を泡立て、ふわふわ食感の卵かけパスタを作りました。

ひと手間ではありますが、卵白泡立てることで口の中へ入れたとたんふわっと消えるような食感が生まれ、ちょっとぜいたくな気分を味わえます。

味付けは市販の昆布つゆ任せなので間違いなく!美味しい。味に保守的なうちの女子高生も大絶賛でした。

「ふわふわ極上卵かけ玄米パスタ」のレシピ

■材料(1人分)
・玄米そば 1袋
・卵 1個
・昆布つゆ 大さじ1くらい
・万能ねぎ 1本
・納豆 1/2パック
・刻み海苔 あれば

■作り方
1. 鍋に湯をわかす。万能ねぎは斜めに薄切りに、納豆はついているたれやからしを混ぜておく。

2. 卵は卵黄と卵白をわけ、卵白はボウルに入れる。ホイッパーでよくかき混ぜてしっかりとしたメレンゲを作る。

ふわふわ極上卵かけ玄米パスタ 卵白

3. 沸騰した湯に玄米そばを入れ、3分茹でてざるにあける。水をあててさっと流したらしっかり水けをきり、器に入れて昆布つゆを回しかける。

玄米麺10個パック 茹でたところ

4. メレンゲをのせ、卵黄と納豆、万能ねぎ、刻み海苔をトッピングする。

とびっきり美味しくて身体にもやさしいオーガニックのパスタをお探しでしたら、ぜひお試しください。

ふわふわ極上卵かけ玄米パスタ

バターにはないコクと深み! いま話題の「ギー」を使ったバナナブレッド/かな姐さんのお取り寄せのレシピ vol.23

2020.03.18

朝採れ野菜をたっぷり使ったサラダと、アンチョビ&チーズのドレッシング/かな姐さんのお取り寄せのレシピ vol.22

2020.02.19

フランス産の高級バターを使った「バターが決め手の洋風牡蠣めし」/かな姐さんのお取り寄せのレシピ vol.21

2020.01.22
ふわふわ極上卵かけ玄米パスタ