京都の人気店が作る、チョコが主役のロールケーキを堪能して/【連載】達人おすすめのお取り寄せ

ルーローショコラ ASSEMBLAGES KAKIMOTO(アッサンブラージュ・カキモト)
市川歩美さん
(ショコラコーディネーター・チョコレートジャーナリスト)
大学卒業後民間放送局に入社、ディレクターとして多数の番組を企画・制作。ショコラ愛好家歴は25年以上で、現在はチョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターとして雑誌、ラジオ、TV、情報サイトなどで活躍。東洋経済オンライン執筆者、オールアバウトのチョコレートガイドもつとめる。チョコレート情報サイト「The Chocolate Journal」を主催。

おいしいチョコレートのロールケーキがオンラインショップで購入できるんです。京都の人気店「アッサンブラージュ・カキモト」の「ルーローショコラ」です。

おいしいんですよー。チョコレート好きな方なら、間違いなく気に入ると思います。ボリュームがあって、みんなでカットしてシェアできるので、ご家族みんなで楽しんでも良いですね。

すべてチョコレート色の見た目からわかるように、まさにチョコレートが主役です。

生地には、小麦粉を使っていません。中にすっきりとした風味・口当たりのガナッシュを巻き込み、ぐっと濃厚でおいしいガナッシュが、中心に入っています。

ふんわりとしたクリームを、ふわふわの生地で巻き込んだロールケーキ、というのは多いけれど、こういったすっきり感覚で、さらにはチョコレートの香りや風味をしっかり感じられるロールケーキは、なかなか見つからないと思います。このロールケーキには、食感にも、味にも、コントラストがあります。

アッサンフラージュ・カキモトのオーナーシェフ、垣本晃宏さんご自身に、実際にお話を伺ったところ、「こんなこと、誰もしないかも?」というようなプロセスで、ロールケーキを作っているそうです。

たとえば、このクリーム(巻き込んでいるガナッシュ)ひとつとっても、水をぎりぎりまで入れ、24時間かけてガナッシュをこのかたさにするのだとか。

チョコレートの有名な世界大会「ワールドチョコレートマスターズ」の2018年大会で、垣本シェフは日本代表選手に選出されています。言わずと知れた有名なショコラティエが作るケーキでもあります。

私は先日、仕事で京都へ行った時に、アッサンブラージュ・カキモトの本店のカウンターで、このロールケーキを味わってきました。

お店でイートインの場合は、ワンカットを趣味のよいお皿にのせて提供していただけます。しみじみおいしかった、あのロールケーキを、みなさんもぜひご自宅でどうぞ。

シンプルだからこそおいしさに感動する、黄金のモンブランロール/【連載】達人おすすめのお取り寄せ

2022.01.18

韓国でのヒット商品が日本にも登場! 彩りに心躍るレインボーロールケーキ/スイーツ芸人おすすめのサプライズスイーツ vol.38

2021.07.15

メディアで多数紹介! カラフルな模様がかわいいモチモチロールケーキ

2019.12.10
ルーローショコラ ASSEMBLAGES KAKIMOTO(アッサンブラージュ・カキモト)

ABOUTこの記事をかいた人

大学卒業後民間放送局に入社、ディレクターとして多数の番組を企画・制作。ショコラ愛好家歴は25年以上で、現在はチョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターとして雑誌、ラジオ、TV、情報サイトなどで活躍。東洋経済オンライン執筆者、オールアバウトのチョコレートガイドもつとめる。チョコレート情報サイト「The Chocolate Journal」を主催。