稲庭うどんの伝統の製法で作る新しいラーメン「稲庭中華そば」【秋田県】

稲庭中華そば ネギ乗せ

「稲庭」と言えば、讃岐うどんと並び、日本三大うどんのひとつに数えられる、秋田県の「稲庭うどん」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。その歴史は古く、約350年前に生まれたとも言われます。その稲庭うどんの伝統的な製法で作り上げられたラーメン、それが「稲庭中華そば」です。

一般的にラーメンに使う麺は生麺がほとんどですが、稲庭中華そばは稲庭うどんと同じ干麺(乾麺)。「ラーメンで干麺?」という声も聞こえてきそうですが、干麺だからこそ味わえるおいしさが稲庭中華そばにはあります。

生麺にはない独特のなめらか食感

稲庭中華そばにで使われている小麦粉は良質の国内産小麦粉だけを厳選してブレンドしたもの。それを職人が1本1本稲庭うどんと同じ伝統製法で作り上げ、2日間かけてゆっくり干し上げています。

稲庭中華そば 開封

醤油スープは、秋田比内地鶏を煮込んだガラスープに魚介系のだしと合わせ、1855年創業の秋田県湯沢市の「石孫本店」の手作り純正醤油「百寿」を使って仕上げた特別なもの。やさしくて比内地鶏の旨みをたっぷり含んだ味わい深いスープに仕上がっています。

そこに麺を注ぎ入れると、すっきりとした色合いのスープに、まるでうどんのようにつややかな麺が美しく映えて見えます。

稲庭中華そば 完成

ラーメンと言えば、チャーシューやメンマなど、いろいろとトッピングしたくなりますが、まずはそのまま食べてみてください。ストレート麺でありながら、スープとの絡みは十分。吸い込むとするするっと口の中に入っていく感覚が心地よく、噛みしめると生麺にはない独特の弾力とコシがあり、なめらかなのど越しは、上質なうどんのようです。

スープは醤油の他に味噌味もあります。湯沢市にある「石孫本店」の熟成特上味噌と3年熟成した黒味噌、そして世界自然遺産白神山地の麓で育てられた秋田県産ごぼうの極粒粉使っており、これまでの味噌ラーメンとはまた違った味わいを楽しむことができます。

稲庭中華そば パッケージ

麺を作ることにこだわり続けたお店だからこぞ、完成させることができた「稲庭中華そば」。麺を干して仕上げることで作り上げた麺は、これまでの生麺を使ったラーメンとは違った食感とうまみを実現しました。その評価は高く、全国のお店でも使われるようになっているそうです。

稲庭中華そば ネギ乗せ