季節限定・贈り物にもぴったり!和栗の風味がじんわり広がる焼き菓子

和栗のテリーヌ(ハーフサイズ)
平岩理緒さん
スイーツジャーナリスト
スイーツ情報WEB「幸せのケーキ共和国」主宰。スイーツジャーナリストとして全国銘菓に精通し、TV・雑誌等各メディアで発信。「All About」スイーツガイドも務める。イベント企画や司会、企業や自治体のスイーツ開発など幅広く活動。セミナーや製菓系学校での講師も務める。TVチャンピオン「デパ地下グルメ選手権」優勝。著書に『東京最高のパティスリー』(ぴあ)、『まんぷく東京 レアもの絶品スイーツ』(KADOKAWA)等。『厳選スイーツ手帳』・『厳選ショコラ手帖』(世界文化社)を監修。

フレンチレストランで働いていらしたお二人が、最初は屋台販売の知る人ぞ知る菓子店からスタートした「NOAKE TOKYO」。今では、浅草の本店をはじめ、東京駅や銀座の商業施設内やデパ地下にも店舗を構え、現代の東京を象徴する新進気鋭の手土産ブランドとして人気です。

そんなお店から、毎年、秋から冬にかけて発売される人気の季節限定品が「和栗のテリーヌ」。

このお菓子で、特にじっくりと味わっていただきたいのは、なんといってもべースとなる生地。まず、鬼皮付きの生の和栗を高圧蒸気で蒸し上げてから、中身を丁寧に取り出したペーストを使用。栗本来の甘みと香りを生かすために、通常より少ない砂糖で練り上げた和栗のペーストをベースに練り込んで焼き上げています。繊細な和栗の甘さとぶつからないよう、砂糖は和三盆を使用しているそうです。

中に見える粒の栗は、イタリア北部ピエモンテ州産のマローニ。これは、毬(いが)の中に実が複数入っているのではなく、1~2個しか入らない種類。実がしっとりと柔らかく、口どけがまろやかで風味も豊かなため、最高級のマロングラッセの材料とされるものです。

テリーヌの名にふさわしく、しっかりと密度の高いきめ細やかな質感ながら、重すぎないしっとりした食感で、思わずもう一切れと食べ進んでしまいます。紅茶やコーヒーと相性がいいのはもちろん、焙じ茶と共に召し上がっていただくと、和栗の香ばしさと互いを引き立て合うマリアージュが生まれます。

鮮度重視で冷凍配送するため、召し上がる前にしばらく常温に置いて、解凍してからいただきます。ご自分で楽しむ際には、電子レンジで10秒ほど、ほんの少し温めていただいても、和栗の香りがいっそう楽しめます。さらに、オーブントースターでほんの少し焼き直すと、表面のカリッと香ばしい食感が加わり、様々な楽しみ方ができます。

長さ11cmほどのハーフサイズに対して、フルサイズのポーションもあるので、大勢集まるパーティーなどには、そちらもインパクト大です。

栗は昔から「勝ち栗」としていただくように、縁起のいいもの。お菓子の表面には金箔が散りばめられ、赤い水引がかけられた箱も華やかで、お祝い事にもぴったりです。

見た目も栗!可愛いらしい手のひらサイズの「栗ケーキ」

2018.11.13

バリッと香ばしいパイ生地と、ほっくりとした栗が贅沢な秋スイーツ

2018.10.02

手土産におすすめ栗スイーツ10選!人気店のこだわり商品を厳選

2018.09.22
和栗のテリーヌ(ハーフサイズ)

ABOUTこの記事をかいた人

平岩理緒(スイーツジャーナリスト)

スイーツ情報WEB「幸せのケーキ共和国」主宰。スイーツジャーナリストとして全国銘菓に精通し、TV・雑誌等各メディアで発信。「All About」スイーツガイドも務める。イベント企画や司会、企業や自治体のスイーツ開発など幅広く活動。セミナーや製菓系学校での講師も務める。TVチャンピオン「デパ地下グルメ選手権」優勝。著書に『東京最高のパティスリー』(ぴあ)、『まんぷく東京 レアもの絶品スイーツ』(KADOKAWA)等。『厳選スイーツ手帳』・『厳選ショコラ手帖』(世界文化社)を監修。