京都から世界レベルのショコラを発信し続ける専門店「ショコラトリー ヒサシ(京都)」/人気の日本発チョコ専門店 vol.16

店舗 外観
市川歩美さん
(ショコラコーディネーター・チョコレートジャーナリスト)
学卒業後民間放送局に入社、ディレクターとして多数の番組を企画・制作。ショコラ愛好家歴は25年以上で、現在はチョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターとして雑誌、ラジオ、TV、情報サイトなどで活躍。東洋経済オンライン執筆者、オールアバウトのチョコレートガイドもつとめる。チョコレート情報サイト「Chocolate Journal」を主催。

京都市東山区。平安神宮のそばに、美味しいチョコレートの専門店ができました。「ショコラトリー ヒサシ」です。

店名

このお店ができたのは2018年4月。チョコレート作りを手がけるのは、小野林 範(おのばやし ひさし)さんです。

小野林さんは、実は、チョコレートの世界大会で活躍してきたすごい経歴の持ち主。

2012年『WPTC(ワールドペストリーチャンピオンシップ)2012』では日本代表チームのメンバーとなり、チョコレートピエス担当として部門優勝。2015年『ワールドチョコレートマスターズ2015』では日本代表に選ばれ、なんと世界第二位に。

お店のやさしい佇まいからは、まさかそんな、世界に打って出て、優勝を勝ちとってきたショコラティエによるお店だなんて、ちょっと想像もつかないことでしょう。

ゆれるピンク色ののれんに近づくと「ひさし」の文字。わかる人にはわかるポイントです。

HISASHIのひさし

「時を経るごとに成熟して良くなるものを」と、銅のランプシェードを使ったり、ご自身が大阪の南港で丸太・一本ごとえらんできたという木が使われていたり。

店内

「基本が和菓子屋ですから、良いものを長く残す、という考えが自分の中にあります」。そう話す小野林さんは、滋賀県生まれ。老舗「たねや」の洋菓子ブランド「クラブハリエ」で15年間仕事をしてきました。

いつか独立したら京都でお店をやろうと決めていたそうです。「世界の人が知っている京都なら、世界に広げられる可能性があるから」。

受賞作のチョコや、思わず魅入るチョコスイーツの数々

ボンボンショコラは約20種類。1つから購入できます。受賞作を集めたアソートなども人気。

ボンボンショコラ

大人気の「Monaショコラ」は、最中の皮を使ったオリジナルチョコレート菓子。「最中の皮の中にもチョコを塗ってパリっとさせています。中にはクリームやチョコレートとライスパフ、ちょっと塩も入っているんです」と小野林さん。

Monaショコラ

「GAIA71」はチョコレート好きな方へ絶対のおすすめ。小野林さん専用にメーカーが作った特性チョコレートを使用しています。

GAIA71

ケーキのショーケースは見とれてしまうほどきれい。

HISASHI ショーケース

お店には、ひっきりなしに海外からのお客さまが訪れます。生チョコはお土産に、テイクアウトのチョコレートドリンクも、京都散策を楽しむ方に人気です。

小野林 範さん

平安神宮はすぐそば。美術館、動物園も近くにあります。ふんわりやさしいピンク色の暖簾をくぐり、丁寧に手作りされた、チョコレートやケーキたちをゆっくり召し上がってみてください。

銀座・中央通りに面したおしゃれで美味しいチョコレート専門店「デカダンス ドュ ショコラ(銀座)」/人気の日本発チョコ専門店 vol.15

2019.11.08

ラグジュアリーな店内で夢の扉を開く、美味しいチョコレート「キャギ ド レーブ(大阪)」/人気の日本発チョコ専門店 vol.14

2019.10.04

ショコラティエ本人が「おいしい」にこだわり手作りー(神戸 三ノ宮 ショコラティエ ヤスヒロ セノ)/人気の日本発チョコ専門店 vol.13

2019.09.06
店舗 外観

ABOUTこの記事をかいた人

市川歩美(ショコラコーディネーター・チョコレートジャーナリスト)

大学卒業後民間放送局に入社、ディレクターとして数多くの番組を企画・制作。ショコラ愛好家歴は20年以上で、現在は雑誌、ラジオ、TV、情報サイトなどメディア向けのショコラコーディネーターとして活躍。オールアバウトのチョコレートガイドもつとめる。Chocolat Lover's Net* は2003年から続く日本で最も長く続いている人気ショコラ情報専門ブログ。