美味しさで話題の「ブロンドチョコレート」を使ったキャラメル入りチョコフィナンシェ/ギフトにしたい人気のチョコ vol.5

フィナンシェブロンドキャラメル デリーモ
市川歩美さん
(ショコラコーディネーター・チョコレートジャーナリスト)
学卒業後民間放送局に入社、ディレクターとして多数の番組を企画・制作。ショコラ愛好家歴は25年以上で、現在はチョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターとして雑誌、ラジオ、TV、情報サイトなどで活躍。東洋経済オンライン執筆者、オールアバウトのチョコレートガイドもつとめる。チョコレート情報サイト「Chocolate Journal」を主催。

多くの方に喜ばれるお手土産になることでしょう。キャラメル風味のおいしいフィナンシェ。パティスリー&カフェデリーモの「フィナンシェブロンドキャラメル」は、私自身がときどき買って、自分で楽しんでいるおいしいおやつでもあります。

人気のチョコ「ブロンドチョコレート」を使ったリッチな味わい

「フィナンシェブロンドキャラメル」は、パティスリー&カフェ デリーモの人気商品です。

おいしいフィナンシェの表面を、キャラメルカラーのブロンズチョコレートでコーティング。しっとりとしたチョコレート生地と、カリッとはじけるブロンズチョコレートの食感のバランスが魅力です。

きっちりと、きれいに個包装されたフィナンシェが10個入り。紙袋やボックスにデザインされた明るいイエローが、さわやかです。

フィナンシェブロンドキャラメル デリーモ パッケージ

ショコラティエ・パティシエは江口和明さん。現在は東京ミッドタウン日比谷の地下一階に、本店があります。

このフィナンシェの特徴は、ブロンドチョコレートが使われていること。しかも、デリーモオリジナルのブロンドチョコレートです。

フィナンシェブロンドキャラメル デリーモ 個包装

「ブロンドチョコレートって何?」という方のために説明すると、ミルクジャムのような風味と、ビスケットのような香ばしさを持つ、第四のチョコレート、とも言われるチョコレートです。

2013年にフランスの製菓用チョコレートメーカー「ヴァローナ」社が初めて「ブロンドチョコレート」を販売。このフィナンシェにも最初は、ヴァローナ社のものが使われていましたが、デリーモは、オリジナルを開発。4年前からはデリーモのオリジナルブロンドチョコレートが使われています。

ちょっとスモーキーで、奥行きのあるチョコレートの香り。

フィナンシェブロンドキャラメル デリーモ 表面のチョコ

さらに、もうひとつのポイントは、かじると中心に、キャラメルが入っていることです。ちょうど真ん中のふっくらしたところにキャラメルが入っているので、端のほうをかじった時との違いがあって、食べ応えがあります。

ぷっくりした形、すべすべした表面は、なぜだか、ながめていてほっとする感じ。

フィナンシェブロンドキャラメル デリーモ 皿乗せ

ひとつひとつ手作りされた、リッチなおやつ。チョコレートの生地がほろ苦く、甘すぎることはありません。

「上質なチョコレートを気軽に楽しんでほしい」という思いから、江口シェフは、チョコレートを使ったカジュアルでおいしいお菓子をいくつも生み出しています。

中でもこのフィナンシェは発売以来、お手土産としての人気が高いそう。お店でも、またオンラインでも購入することができます。

ダイヤモンド型が美しい! ベルギー生まれのフォンダンショコラ/ギフトにしたい人気のチョコ vol.4

2021.02.05

スペインのチョコ専門店が作る、日本限定の上品なチョコレートケーキ/ギフトにしたい人気のチョコ vol.3

2021.01.08

フランス料理の巨匠による、チョコレートの焼き菓子/ギフトにしたい人気のチョコ vol.2

2020.12.08
フィナンシェブロンドキャラメル デリーモ

ABOUTこの記事をかいた人

大学卒業後民間放送局に入社、ディレクターとして多数の番組を企画・制作。ショコラ愛好家歴は25年以上で、現在はチョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターとして雑誌、ラジオ、TV、情報サイトなどで活躍。東洋経済オンライン執筆者、オールアバウトのチョコレートガイドもつとめる。チョコレート情報サイト「The Chocolate Journal」を主催。