カカオ豆から一貫してチョコレート製造・ケーキも魅力の人気店(五反田・レ・カカオ)/人気の日本発チョコ専門店 vol.5

レ・カカオ チョコバー
市川歩美さん
(ショコラコーディネーター・チョコレートジャーナリスト)
学卒業後民間放送局に入社、ディレクターとして多数の番組を企画・制作。ショコラ愛好家歴は25年以上で、現在はチョコレートジャーナリスト、ショコラコーディネーターとして雑誌、ラジオ、TV、情報サイトなどで活躍。東洋経済オンライン執筆者、オールアバウトのチョコレートガイドもつとめる。チョコレート情報サイト「Chocolate Journal」を主催。

JR五反田駅から歩いて5分ほど。チョコレート専門店LES CACAOS(レ・カカオ)は、近隣の方々から愛され、そして、遠方からもチョコレートファンが訪れる人気店です。

レ・カカオ

外から眺めると、一見、ふつうのパテイスリー?あるいはチョコレートのお店?と思うかもしれませんが、実は店名が、レ・カカオ(フランス語でカカオの複数形)、カカオそのものであるとおり、カカオ豆からチョコレート作りを手がける本格的な専門店。

シェフの黒木琢磨さんが、カカオ豆の選別の段階から、焙煎、精錬までの全てを手がけ、チョコレートを一貫して作っています。

まず食べてみて!「ビーントゥバー(チョコレートバー)

レ・カカオ チョコバーラインナップ

ブラジル、キューバ、マダガスカル、ガーナ……約10種類チョコレートバーが並んでいます。全ては黒木さんが手がけた、カカオ豆の風味を最大限にいかした「ビーントゥバー」。

初心者の方もぜひどうぞ。大小2種類があるので、まずは小さいサイズを2つ買って食べ比べると、カカオの個性がよくわかります。

カカオから手がけたチョコレートケーキに注目

黒木琢磨シェフは前職が「ピエール マルコリーニ」。パリの「FAUCHON」など海外でのパティシエ経験も長いので、カカオの個性をいかしつつも「おいしいね」と愛されるお菓子を作ります。

レ・カカオ チュアオ

2018年秋に登場したばかりの「チュアオ」はチョコレートの美味しさを堪能できるケーキ。

ヴェネズエラのチュアオ産カカオ(有名な産地です)72%のチョコレートだけを使い、生地とガナッシュは4層ずつ。上はしっかりめのムースショコラです。

他にもボンボンショコラ、焼き菓子の数々、クッキーなど、カカオからチョコレートの世界が広がっています。

レ・カカオ 焼菓子

​2016年11月にオープンしたレ・カカオ。

カカオ豆から作られるチョコレートの美味しさを、ケーキやお菓子でも楽しめる、うれしいお店です。

兵庫県三田市にある秘密基地、パリで高評価のチョコレートに出会える!/人気の日本発チョコ専門店 vol.4

2018.12.04

ドゥバイヨルでカフェオレと楽しむショコラ/チョコをもっと楽しむ新マリアージュ vol.2

2018.11.05

ジャン=ポール・エヴァンの「バー ア ショコラ」で楽しむ、新しいチョコ体験/チョコをもっと楽しむ新マリアージュ vol.1

2018.10.06
レ・カカオ チョコバー

ABOUTこの記事をかいた人

市川歩美(ショコラコーディネーター・チョコレートジャーナリスト)

大学卒業後民間放送局に入社、ディレクターとして数多くの番組を企画・制作。ショコラ愛好家歴は20年以上で、現在は雑誌、ラジオ、TV、情報サイトなどメディア向けのショコラコーディネーターとして活躍。オールアバウトのチョコレートガイドもつとめる。Chocolat Lover's Net* は2003年から続く日本で最も長く続いている人気ショコラ情報専門ブログ。