600種類以上のご飯のお供を食べた、「おかわりJAPAN」長船さんのベストセレクション

おとりよせネットでお取り寄せの達人を務め、日本各地の美味しいご飯のお供を紹介するブログ「おかわりJAPAN」の主宰する長船邦彦さん。北海道から沖縄県まで、全国の「これさえがあればご飯が進む!」を探求し続け、今までに食べた”ご飯のお供”の種類はなんと600種類以上…!!今回はその中から、ご飯のおかわり必須の、お取り寄せできる一押しのご飯のお共をご紹介します。

万能調味料にもなる!塩専門店が生み出した、ごはんのための「塩」

ご飯のお供には様々なカテゴリーがありますが、こちらはご飯にかける専用の「塩」なんです。シンプルでありながら、ご飯と塩の美味しさをじっくりと楽しむことができます。塩といっても、ハイビスカスが入っており、それが紫蘇のような爽やかさあり、ご飯との相性抜群です!

ピリっとした辛さがたまらない…!「お客様リピート率83%」の昆布の佃煮

唐辛子の刺激的な辛さと昆布の旨さから、あつあつのご飯がとまらなくなること間違いなし!長船さんも「糖質ダイエット中の方にはおすすめしないでくださいね。」というほど、本当にご飯が止まらなくなるのだそう。昆布のほんのりとした甘みも、さらに食欲をそそるポイントです。

骨までやわらかい!継ぎ足し作る返したれ×生姜の絶妙な旨さ!

甘辛の醤油たれは、その香りだけでも食欲そそること間違いなし!毎日継ぎ足している返したれで、骨ごとじっくりと炊き上げているので、子供から年配の方まで美味しくいただけます。濃すぎない味付けで、さんまの旨さもちゃんと味わえますよ。

爽やかに山椒が香る、贅沢な国産うなぎの山椒煮

愛知県三河産のうなぎを白焼きにし、秘伝のタレで煮上げた「うなぎ山椒煮」。ふっくらとした身に、ほどよく脂がのった身がたまりません。山椒のぴりりとした辛さも◎。ちょっと高価な佃煮なので、贈り物にもおすすめです。

炊きたてのご飯と一緒に、長船さんおすすめのご飯のお供を楽しんでみてください!

喜ばれるギフトを贈るなら!ごはんや晩酌のお供にも活躍する“究極のツナ缶”

2017.04.21

新米の最高のお供♪骨までおいしく食べられる「金のさんま」

2016.10.18

見た目と味わいに驚き。いま一番TKGにして食べたい「東北牧場の青玉」

2016.09.27